ビルマ/ミャンマー難民医療

ビルマ/ミャンマー移民・難民医療の背景

ミャンマー国内では、医師不足や、貧困層と富裕層、地方部と都市部の”医療制度の格差”が深刻な問題となっています。ミャンマー主要都市ヤンゴンに集中した医学部からの卒業生は年間600人しかおらず地方都市での医師不足、かつ医師の給料の低さも問題となっています。看護師育成学校は設備も学校数も不十分といわれています。

ミャンマーの国家予算の内、GDPの約0.3%しか保健医療に充てられていません。それでも富裕層には手厚い医療保健サービスが提供されます。富裕層は公立病院よりもより良い診療設備とサービスを兼ね備えた私設病院を受診し、高額な診療費、検査費、内服薬を支払うことができます。それに引き換え、貧しい者にとっては、とても冷たい医療制度となっています。ビルマ語のみの診療、お金のない者は病院前にて門前払いの現状です。

地方都市や少数民族への医療整備は不十分な状態が続いており、1988年の民主化運動以降発生した、メーソートだけで約10万〜15万人の移民・難民、ミャンマーと、タイの国境地域に居住する約100万人の移民への医療・保健制度は現在でも整ってはいません。移民たちは、メータオ・クリニックでの医療を求める他は、医療を受ける事、病院を受診することを断念する方法しかありません。人々は、命が長らえられる事を祈り、病の治癒を願い、死を迎える時を待つ事しか出来ません。メータオ・クリニックは、その様な背景をもつ人々にとって希望の光であり、心の拠り所となっているのです。

タイ国内での移民への医療体制

タイ国内の病院(例えば、メーソートジェネラルホスピタル)は、タイのIDカードまたはタイの労働許可カード(年間約12,000円)がない場合、患者は医療費は全額負担となります。ミャンマー国内からの受診者は、言葉も通じない病院での診療、タイでの高額診療費を恐れ、受診出来ません。IDカードの無い患者が、救急部を受診した場合、全額負担となり救急病棟滞在費用のみで1日1,000B(約3,000円)、その他に診療費、薬剤費などが請求されます。

ミャンマー国内の医療体制

ミャンマー国内での医療費は、高額で、まず病院受診の為に医師紹介ブローカーにお金を支払わなければなりません。また、薬剤も高額で糖尿病の内服薬のみで一ヶ月10,000円以上支払う必要があります。運良く病院へ受診出来た場合でも、採血検査に針やシリンジ等を購入する必要が有り、約4,000円かかります。入院出来た場合、看護師の指定した薬局で指定された薬剤を必要量以上に大量購入させられるなどの問題が多数存在しています。お金のある人々しか、医療は受けられないと言う現状です。

ミャンマー国内のミヤワディー病院では、医師は駐在しているものの、高度な医療の提供は実施されていないとの事。産科の帝王切開は不可能で、ミヤワディー病院から、ひとまずメータオ・クリニックへ転送されてきます。そしてタイのメーソートホスピタルへと移送されています。

移民・難民医療、メータオ・クリニックの現状

タイ/ミャンマー国境付近の移民・難民へ無償医療を行ってきたメータオ・クリニックは、年間約15万人の患者さんが受診しており、その内50%の約7万5千人はミャンマー国内から訪れます。

民主化・少数民族紛争の停戦など国境を取り巻く状況によって、患者層は著しく変化していきます。最近では、肺炎や下痢などの感染症や、高血圧や甲状腺疾患、糖尿病などの慢性疾患の患者数が徐々に増加しています。戦いや地雷による負傷者は減少しましたが、現在でも年間100人以上の人々が地雷で足を失っています。(ICRC調べより)

民主化が進み、成長が著しいとされるミャンマーから、タイ/ミャンマー国境付近の難民・移民には、医療・福祉の支援はまだまだ届きません。難民・移民問題が発生して以降、国際NGOからの支援に頼っており、毎年約3億円を予算としているメータオ・クリニックの財源も、国際NGOからの支援なしには成立しません。

しかし、ミャンマー国内へ国際NGOの支援が移行し始め、クリニックはより厳しい資金難に見舞われています。そのために、クリニックは緊急支援のお願いを国際NGOに依頼する傍ら、クリニックスタッフの退職を促す対応や縮小や閉鎖できる診療科の検討を行っています。

2012年9月より、外科では、緊急性の低い処置や手術の延期を余儀なくされた他、内科では、新規慢性疾患の患者さんには内服の処方が中止されているという現状です。更に、重症の患者さんの他院転送も控えている等、難民・移民医療はより厳しい状況になっています。

難民・移民の声

どうして難民として、移民として、人々はこの場所で暮らし続けるのか。どうして多くの人々が、国境を渡ってまでクリニックを訪れるのか。ここにいる人々の声を聞いてください。

Qどうしてタイ国内に住んでいるの?

「自分の国では安心して暮らせないし、家族を守るための十分なお金も得られないよ。家族を養うため、子どもに教育を受けさせるため、タイに住んで働くしかないんだ。」

メーソート周囲に暮らしている難民・移民は10〜20万人とも言われています。政府の弾圧や貧困から生き延びるための術として人々は難民・移民としてこの地で暮らしてきました。

Qどうして国境を渡ってまでクリニックに来たの?

「ミャンマー国内にも病院はあるけれど払えるだけのお金がないの。ミャンマーの病院は怖くて、言葉もうまく通じないし。ここだと、言葉も通じるし、みんな優しいし、そして何よりお金がない私たちでも治療を受けられるから。」

クリニックを受診する患者さんにとって、ミャンマーの病院で治療を受けるだけのお金の確保は困難です。また、長年に渡る内戦、民族ごとでの言葉の違いなど、ミャンマーの病院で医療を受けるには多くの壁が残っています。たとえ移民労働者としてタイに滞在していても、十分なお金がなく、言葉の壁もある彼らがここで受けられる医療は限られています。

傷ついた友人を助けるため。移民労働者として働く家族の具合を診てもらうため。安心して受けられる医療を求めて、人々はクリニックを訪れています。

Qミャンマーは「民主化」が進んでいるけれど、国に戻ろうと思う?

「ミャンマーの「民主化」はまだどうなるかわからないよ。何十年も、何度も同じことを繰り返してきたんだ。今は第一ステップを踏んだだけ、まだ途中なんだよ。どんなことでも、すぐに変わることなんてないんだよ。」

「もちろん戻りたいけど、住む場所もないし、働く場所もないよ。まだ何も変わってない、戻れる状況になんてなってないよ。でもここで暮らすことも難しくなってきて、だけど家族を支えないといけないんだ。どうしたらいいんだろう。どこか働ける場所を教えてくれないかな。」

民主化への道の途中。ミャンマー国内への関心の高まりと反比例してゆく、難民・移民の人々への支援の目。祖国に帰ることもできず、ここに居続けることも難しく、他に選べる道もない。それが彼らが直面している現状なのです。

「すぐに変わることなんてないんだよ。民主化への移行期、その間だって人々は支援を必要としている。このことを理解してほしいんだ。」

あなたの支援が必要です

ミャンマーの「民主化」と、それに反比例して減りつつある国境への支援。彼らを取り巻く様々な変化が国境の状況をさらに困難にさせつつあります。

今もなお、生き延びる術として、この場所で多くの難民・移民が暮らしていること。命をつなぐ術として、国境を渡り多くの人々がメータオ・クリニックを訪れていること。たとえ「民主化」が叫ばれても、たとえ国境への支援が減ったとしても、他に行くあてのない人々は、この地で暮らし続けます。他に医療を受けられるあてがない人々は、メータオ・クリニックを求め続けます。その人々がいる限り、支援は必要なのです。

祖国を追われてきた人々、安心して生活をするために移住してきた人々。異国で、彼らを守ってくれるものは何もありません。そんな彼らに寄り添って医療を提供し生きる場所を提供してきたメータオ・クリニック。そのメータオ・クリニックは「慢性的な緊急状態」だと言われ続けています。

そして、現在ミャンマーの民主化が進むにつれて、国境付近には目がいかなくなっています。これまでの外国からの支援が遠のき、ミャンマー政府からの支援はもちろんありません。これまでの医療を提供し続けることが難しくなり、緊急状態がより厳しいものとなっています。ひとつひとつの命を守り、ひとりひとりの健康を守るために。ご支援をよろしくお願いいたします。