JAMとは

わたしたちのミッション(使命)

母国のミャンマー、庇護国のタイでも最低限の保健医療が満たされないミャンマー難民、移民。
メータオ・クリニック支援の会は彼らの権利と幸福を守るため、メータオ・クリニックとクリニックを応援する世界の支援者とともに、医療支援と保健活動を行います。

わたしたちのビジョン(理念)

メータオ・クリニック支援の会は、ミャンマー難民が安心して健やかに暮らせる日が訪れるまで、命を守る医療を、健康を守る保健を彼らに寄り添いながら継続していきます。

わたしたちが大切にすること

1. 公平な支援

国籍・宗教・民族・政治的立場に関わらず、求めるひと全てを支援します。

2. 続けられる支援

現地の人を中心とした続けられる支援を行います。

3. 迅速な支援

いち早く現地の状況を知り、必要な支援を、必要な時に、必要なひとへ届けます。

4. 協力した支援

タイ/ミャンマー国境で支援活動を行う国際NGOや地元組織、日本国内で活動する他団体と協力した支援を行います。

5. つなげる支援

日本から支援する窓口としてメータオ・クリニックと日本をつなげます。

団体概要/沿革

メータオ・クリニック支援の会(JAM)概要

団体名 NPO法人メータオ・クリニック支援の会

英語名 Japan Association for Mae Tao Clinic(JAM)

問い合わせ先 support@japanmaetao.org 

〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸 1-1 東京ボランティア・市民活動センターメールボックスNo.52 

                                  ※宅配便の受け取りは行っていません。

設立年月日 2008年3月17日 定款 

代表理事 小林 潤

理事 秋山 剛 荒井 文 前川 由佳

監事 児玉 光也

これまでのあゆみ

2008年3月  日本で「メータオ・クリニック支援の会(JAM)」が発足

2008年        JAMが梶藍子看護師(内科病棟)を現地に派遣

2009年        JAMが田辺文医師(外科病棟)を現地に派遣

2011年        JAMが前川由佳看護師(外科病棟)を現地に派遣

2012年        JAMが田畑彩生看護師(外科病棟)を現地に派遣

2013年9月 NPO法人メータオ・クリニック支援の会としてNPO法人登記

2014年        JAMが鈴木みどり看護師(外科病棟)を現地に派遣

2015年   JAMが神谷友子看護師(外科病棟)を現地に派遣

2017年        JAMが齋藤つばさ看護師(外科病棟)を現地に派遣

活動・会計報告